吉田ゼミ:アクティブラーニング

1月19日(木) 2016年度日本経済史の最終講義が行われました。この講義では、我が国における資本主義社会生成期の状況を描いた、武陽隠士著『世事見聞録』(文化13年)を講読しています。その最終回では「資本主義とはどんなものか」、「その良いと点と悪い点」について、学生間で活発な議論が展開されました。

これは、「教員が話し続け、学生達はノートを取り続ける」という旧来の授業に対して、学生主体型授業或いは「アクティブラーニング」と呼ばれています。

【By 吉田敦】


Comments are closed.