ウクライナに平和を

プレゼミにて、ユリーア・ヴェルランさんの講演が行われました。ユリーアさんは、名門ウクライナ国立オペラ・バレエ劇場でソリストとして世界各地で活躍したバレエ・ダンサーです。爆撃を逃れるために、母親とともにキーウからハンガリーに避難し、単身日本に避難してきました。身内の男性は徴兵され、今も戦地で戦っているそうです。

講演の最後に、ユリーアさんは「平和と祈り」という踊りも披露してくれました。1日も早くウクライナに平和が戻り、家族が一緒に暮らすことが出来る日々が戻ることを願ってやみません。

[By 小黒曜子]

 


Comments are closed.