ISQOLSとは International Society for Quality-of-Life Studies の略称で、ハッピネス研究において中心的役割を果たす国際学会です。

2016年はその年次大会が8月にソウルであり、明海大学経済学部より3名の教員が参加し、5本の論文を発表します。ちなみに一昨年 (Berlin)、昨年 (Phoenix) の大会では、日本からの参加者はそれぞれ2名だけでした。
Continue reading

経済学部では、独自にホームページを開設することにしました。経済学部の教育内容、カリキュラムや進級に関わる基準やしくみ、教育(学修)の成果などについて、高校生や保護者の皆さま、高校の先生方、企業や広く社会の方々に知ってもらいたいとの考えからです。
Continue reading

経済学部のホームページでは、大学院経済学研究科に関する情報も数多く発信していきます。研究指導内容や院生の紹介、イベント情報、修了生の社会での活躍状況など、大学院進学を考えているすべての皆さんに、大学院の魅力をお伝えします。
Continue reading

主な担当科目 : ファイナンス

研究 : 最近は、株式を取引する人々の予想形成メカニズムの解明

教育 : 野村証券冠講座では、日経ストックリーグに参加し、3~5名を1グループとして10年後に花咲く株式の組み合わせを構築するためのレポートをグループワークとして作成しています。

顧問 : 明海大学ラグビー部 (土曜日に関東大学リーグ6部に所属する他大学との合同練習がメインです)

ホームページはこちら

研究業績はこちら

主な担当科目:マクロ経済学、人口問題特論

研究&大学院指導テーマ
・人口経済学
・経済理論(ミクロ経済学、マクロ経済学)
・幸福度研究
・選好や行動の生物学的基礎づけ

趣味:野球、ソフトボール、サッカー、スキー、スノーボード、ハイキング、三番瀬散策、ゴーストタウン巡り、野湯巡り

講義や研究の詳細は影山ホームページをご覧ください。

主な担当科目:ミクロ経済学、日本企業論

専門:産業組織論、企業経済学、競争政策論、国際経済学、観光経済学

教育:学部の教育では、経済学(理論モデル)を使うとこんなこと(現実)がわかるという「使える経済学」を重視しています。大学院では、具体的な問題について説明できる理論モデルを考えること(仮説的モデルの作成とデータ分析)に重点をおいて教育をしています。

研究:産業組織と競争政策の視点から、近年盛んに研究されている次の二つの課題に取組んでいます。
(1) 新々貿易理論とグラビティ方程式
(2) プラットフォームの経済学と競争政策

趣味:花壇で草花栽培、散策

主な担当科目:社会保障論

研究&大学院指導テーマ
・福祉国家の歴史的研究
・生活保障機能からみた社会保険と私保険の役割と関係の研究
・少子・高齢社会と社会保障改革の課題の検討
・雇用・賃金・労働時間の諸問題

主な担当科目:会計学総論、国際会計論

研究&大学院指導テーマ
・(大企業・中小企業) 会計制度の特殊研究
・財務報告の変革に係わる研究
・国際財務報告基準 (IFRS) に関する研究
・EU/スイス会計制度の研究

業績や専門分野についてはこちらをご覧ください。